早速試してみた。

 
dTVをテレビで視聴するための端末、dTVターミナル 6800円でした!

 カーソルを上下左右に動かして、映像のサムネイルを選択すると映画の予告編のようなサンプル映像が再生されるようになった。利用者はサンプル映像を次々と再生しながら視聴したい映像を選択するわけだ。

 なおdTVは月額500円の有料サービスで現在約12万本の作品が楽しめるという。視聴するには「ドコモID」が必要だが、ドコモIDはNTTドコモの契約者でなくても取得できる。つまり誰でも利用できるサービスなのだ。

 オールインワンパッケージでHDMI入力端子を備える

 dTVターミナルは、コンパクトな手のひらサイズの端末で、テレビのHDMI端子に取り付けて利用する。dTVの映像は、無線LANあるいは有線LANを経由してネットから取得、HDMI端子を介してテレビに映し出す。

 見逃しがちだが、本体にはUSB端子とmicroSDカードスロットを備えている。詳しくは後述するが、USBメモリーやmicroSDカードに保存されている動画、音楽、写真の再生・表示ができる。

 
コンパクトな箱型のdTVターミナル
 
 
リモコン、HDMIケーブル、ACアダプターと電源ケーブルが付属する。クイックスタートガイドが付属するが、内容が細かく不慣れな人には難しそうだ
 
 
リモコンは、基本操作のほか、電源オン・オフやボリューム操作もできる。赤外線リモコンなので本体との間に障害物があると応答しづらくなる
 
 
背面にはHDMI出力、HDMI入力、有線LANポート、光デジタル音声出力がある。HDMI入力に接続した別の機器の映像をテレビに表示できる
 
 
側面にはUSB端子とmicroSDカードスロットがあり、取り付けたUSBメモリーやメモリーカードに保存された写真や動画、音楽などを視聴できる。スマホで撮影した写真をテレビで見るのに利用できる
 
 
 
リモコン操作は面倒だが、設で悩むことはなかった

 

では、dTVターミナルをテレビに接続してみよう。テレビ側のHDMI入力とdTVターミナルのHDMI出力を接続。電源を入れると、まずインターネットへの接続方法の選択画面が表示される。ここで有線LANか無線LANを選ぶ。無線LANは2.4GHz帯のみの対応なので、dTVターミナルと無線LANルーターが近い場合は有線LANで接続したほうが通信は安定するだろう。

 ネットへの接続設定が済んだら、続いてドコモIDとそのパスワードを入力する。ソフトキーボードが表示され、QWERTY配列のキーやテンキーなどを使い分けて入力するのだが、付属のリモコンでIDやパスワードを入力するのがちょっと面倒だった。ただし、これは初回だけなので集中力を切らさずに入力しよう。

 
電源を入れると、まず有線LANか無線LANを使うかを選ぶ
 
 

ダラダラ映像が探せるザッピングUI

 設定が終わるとdTVの画面が表示される。いよいよザッピングUIとご対面だ。リモコンのボタンでカーソルを上下に動かすとチャンネル(映像のカテゴリー)が切り替わり、左右に動かすとそのチャンネル内で映像が切り替わる。チャンネルは国内外のドラマ、キッズ、dTVアニメなどがある。

 ザッピングUIはやはり、“見たいものは特に決まっていないけれどなんとなく映像を探して、気に入ったものが見つかったら視聴する”というスタイルに向いている。日ごろ、特に目的もなくダラダラとテレビのチャンネルをザッピングしているような人にはピンと来るはずだ。確かにテレビのチャンネルを切り替えていくようなザッピング感覚で、名称が“dビデオ”から“dTV”に変わったのもうなずける。

 ホームボタンを押してホーム画面にするとサムネイル画像が並び、その中から見たいものを選んで再生するというオーソドックスな操作画面になる。ホーム画面もザッピングUIもシンプルで、初心者にも分かりやすいようにというコンセプトがうかがえる。

 使っていて気になったのは、操作に対するレスポンスが全体的にやや遅く、操作によってはストレスがたまること。この点は今後のソフトのアップデートによる改善に期待したい。

 
ザッピングUIではカーソルをリモコンのボタンで上下左右に動かすと映像のサンプルが流れる。視聴したい作品が決まっている場合は面倒に感じるが、なんとなく視聴したいものを探すときには便利だ
 
 
ホーム画面に並んでいる動画の中から選んで視聴する
 
 
リモコンには検索ボタンがあり、それを押すと検索画面に切り替わる
 
 
dTVの利用料金はdビデオと同じで月額500円。これで多くのコンテンツが視聴し放題だ。新作映画など一部コンテンツはレンタル扱いで別料金が必要(右)
 

YouTubeメモリーカードの写真も見られる

 dTVターミナルは、OSとしてAndroidを使っている。そのためdTVの視聴に加えてYouTube視聴向けアプリなどを備えている。ホーム画面のアプリ一覧には、YouTube視聴用の「お手軽プレイヤー(For YouTube)」のほかに「Miracast(ディスプレイ無線伝送)」「マイメディア」の3つが登録されている。

 面白いのがマイメディアだ。dTVターミナルはmicroSDカードスロットとUSB端子を備えており、マイメディアを使うとmicroSDカードやUSBメモリーに保存された写真や音楽、動画などを再生できる。どうやらネットワークメディアプレーヤーとしても機能するようで、ネットワーク上のPCなどを認識して保存してあった音楽の再生ができた。dTVターミナルは、dTV視聴用の“専用”端末のイメージが強かったので、この機能は遊び甲斐がありそうだ。

 
マイメディアを使うと、スマホメモリーカードを取り付けて撮影した写真をスライドショーで見たり、音楽や動画を再生したりできる
 

 また、前述した通りリモコンのHDMIボタンを押すと、HDMI入力に接続した別の機器の映像をスルーして表示できる。これも実際にレコーダーやPCなどを取り付けて試してみたが、ちゃんと機能して問題なく利用できた。HDMI入力の少ないテレビを使っている人には便利だろう。

 残念なのは現時点ではGoogle Playには対応しておらず、自分でアプリの追加などができないこと。そのため基本的にdTV視聴専用機と考えたほうがいいだろう。YouTubeの視聴機能やマイメディアは、なかなか面白いが操作性や機能をもう少しブラッシュアップして使いやすくしてほしいところだ。今後アプリが追加されるなどしてdTVの視聴以外の利用方法がもっと広がれば、かなり面白い機器になりそうだ。

 
続いてdocomo IDとパスワードを入力する